So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ダーリン・イン・ザ・フランキス 第21話 大好きなあなたのために [アニメ]

darlifra0616_top3.jpg

約束を守る為にゼロツーはヒロの元へ・・! 
 
 
 
 
 
 
  
darlifra0616_m1.jpg
スターエンティティ宇宙の秩序
脅かす生命の塊だから、叫竜の姫が
インプラントした場合には爆弾と化す
コードをしかけたとVIRMは言う。
そもそも、なんでVIRM君達が宇宙の
秩序を決めてるんだよw

VIRMは宇宙のあらゆる知性体と
同化し肉体を捨てさせてきた。
「お前達人間も進化の
 段階を迎える時だ」
あ、こっちはおかまいなくw
VIRM君達、なんか色々言ってる
けど、ただの侵略者じゃん!
APEのヘッドと副ヘッドが
VIRMで後は人間だったのか・・
人間だったAPEの人達もVIRMに
魂持ってかれちゃったぽ・・。

地上では叫竜側とVIRM側が
入り乱れ、誰が敵なのか
わからないような状態な上に
司令部からの応答が途絶え
大混乱。

VIRMにスターエンティティの
コントロールを奪われて暴走
状態の叫竜の姫をどうにかする為
ヒロは前に暴走するゼロツーを
鎮めた時のような事を試す。そして
ヒロが叫竜の姫とコネクトした事で
爆発まで72分ほどの猶予が生まれた。
「それがダーリンが作って
 くれた時間なんだね・・・」
ゼロツーが博士達の所に辿り着いた。

13部隊は自我が確立しているから
今までに得た情報からちゃんと
考えて動いていて良いなー。
彼らはヒロとゼロツーが居る
グランクレバスを目指す事に。

おっ ゼロツーは点滴で少し
回復したか。ゼロツーは自分が
叫竜人最後の生き残りである
叫竜の姫の複製である事を知った。

ヒロは叫竜の姫との会話で
叫竜人VIRMとの長い戦いの
歴史を知る。

6000千万年以上前、叫竜人は
今の人間よりはるかに進んだ文明を
築いていたがそこにVIRMが襲来。
肉体を持たぬ思念体であるVIRMは
叫竜人にも肉体を捨てて加われ
要求。ちょっとーVIRM何様ww
叫竜人はそれを拒否し、そこから
VIRMとの戦争が始まる。

数百年続く戦争の中、叫竜人は
自らを不死の兵器として作り替え
叫竜へと進化、ようやくVIRMを
撃退した時には叫竜人は戦う以外の
文明を全て失い、生物としての
繁殖能力さえも失っていた。
しかし叫竜人が撃退したのはVIRMの
先遣隊に過ぎず、VIRMは飲み込んだ
星々の兵器を取り込み膨張を続けていた。
叫竜人は来るべきVIRMの再訪に備え
地中へと潜り、力なき者は自らを
エネルギーへと換え力ある者は
結合し、より強い兵器へと進化・・・
んん? エネルギーへと換えって
どういう事?? マグマ燃料が
叫竜人のなれの果てだという事??

そして叫竜人は強大な叫竜の
集合体であるスターエンティティ
生みだしたという。
スターエンティティを起動できるのは
叫竜人だけである為に、叫竜の姫は
何千万年も生きてきたらしい。
ゼロツーはスターエンティティを
人類の手で動かす為に叫竜の姫から
作ったクローンだったのだ。


darlifra0616_m2.jpg
叫竜の姫からのクローンは
ゼロツーだけが成功作で、
ゼロツーからのクローンには
叫竜の血は受け継がれず。
そして、そのゼロツーからの
クローンがナインズ・・! なんとw

VIRMが正体を現しパパからの
通信がもうないというのに、
未だにナインズはパパ信仰が止まらず
叫竜と戦っていた。

「状況を見て自分達で動かなきゃ!」
「自分?自分達が特別だとでも
 思ってるの?
 パパ達こそが絶対なんだ!!」
駄目だこりゃ
13部隊は頭のおかしいナインズを
スルーしてグランクレバスへ。

と、ここで9'δがVIRM軍に襲われ
メッタメタに殺されてしまう。
貴重なあやねるが・・・・。
9'αは怒りを爆発させ、VIRM軍を
次々と倒していく。おお、結果的に
VIRM軍も倒し始めたぞ。

「ダーリンと約束したんだ」
ゼロツーはヒロを取り戻す為に
動き出す。

突入ポイントの扉は叫竜の姫しか
認識しないので博士が同行すると
言ってきた。どういう事すか。
13部隊がグランクレバス最下層に
到着しで「ゼロツー!!」って
声を合わせて言っている姿良かったわ。

博士とゼロツーはデルフィニウムの
掌に乗り、13部隊と共にスター
エンティティへ急ぐ。
VIRM側にとっての不確定要素である
ヒロ、そして叫竜の姫とゼロツーの
3人が揃う事によって何かが起こる
かもしれないと言う博士。
根拠のないかなり楽観的な願望の
ようなものだが、それでも可能性が
ないよりはずっといいとゼロツー。

道中、追いかけてくるVIRM軍が
追いかけてきたり、道の先が
崩落していたりで13部隊は次々と
「先へ行って!」パターンで脱落。
イクノくん、崩落した場所を
切り開くために砲撃して力を
使い髪が白髪に・・

ミツルくんが完全にココロさん呼びで
元に戻りつつあるな??
この仲間を先へ行かす為に残る
パターン、王道で熱い展開よね。



darlifra0616_m3.jpg
ヒロはゼロツーに出会い、みんなや
ゼロツーとの時間の大切さに気付き
生き残る事の大切さを学んだ。
「俺は戦う為に生きるんじゃない。
 生きる為に戦うんだ」
名言だな。

おお? ナインズは地上の敵を
けっこうがっつり倒したんだな。
敵がほとんどいなくなって、9'αは
何をしていいのかわからなくなり
「ねえパパ・・何か言ってよ
 僕らはどうすれば・・」
と呆然としてしまう。

スターエンティティ突入ポイントに
到着したゼロツー達。デルフィニウムは
後を追って来たVIRMと交戦して
深部へと落下していった。

博士がこの場に一緒にやってきたのは
叫竜の姫の細胞を取り込んだ自身の
左腕をゲートに認識させてゲートを
開ける為だった。ゲートが開くと
叫竜がやってきて、ゼロツーを
乗せてくれた。迎えにきた叫竜くん
なんか可愛いんだけど。
ゼロツーは博士に
「僕を作ってくれて・・・
 ダーリンに会わせてくれて
 ありがとう」
と微笑んで言ってヒロの元へ。

スターエンティティ胎内に到着
すると、叫竜君が粉々に・・・
ああ・・なんか悲しい。
ゼロツーは叫竜の亡骸にありがとうと
礼を言ってストレリチアの
コックピットを開き乗り込むが
中のヒロはもう意識がなかった。

爆発までのカウントダウンが終わり
スターエンティティは爆発寸前。
「こんなの絶対に嫌だ
 僕は絶対に諦めない」
ゼロツーのカチューシャが壊れ
ゼロツーのツノが伸び、肌が
真っ赤になる。
「待っててねダーリン」
ゼロツーはヒロにキスをする。
生命力注入???


darlifra0616_m4.jpg
『それがお前達の言う生きる
 という事なのか。我々は
 繋がりを捨て孤独になる事で
 強く完全になれると信じていた。
 しかし繋がる者がいる事で
 輝く命もあるのかもしれぬ・・
 よかろう、妾に残された
 全ての力をお前達に委ねる。
 操縦を奪えるかはお前達次第。
 賭けてみようお前達に
 この星の未来を』
 
叫竜の姫のツノが伸びゼロツーの
ツノと融合?みたいな?
とにかく、叫竜の姫の全ての力が
ゼロツーとヒロに注がれた。

意識の中でゼロツーと再会したヒロ。
「約束守ったよ」
「信じてた」
「みんなが助けてくれたんだ」
二人は抱きしめ合って再会を確かめる。
そして二人がキスをした時、
スターエンティティの奪還に成功。
地上にストレリチア アパスがその
姿を現す。
ストレリチアアパス?? 何ぞ何ぞ

「この先も何があったって
 僕らの心はいつも一緒だ 
 ダーリン!!」
ゼロツーの呼びかけ?でヒロは
意識を取り戻す。
ストレリチア アパスは地球上と
宇宙空間のVIRMを一掃。

「私のアパス・・ストレリチア アパス!」
フランクス博士はその雄大な姿に
歓喜しながらガレキの下敷きに
なり死亡・・・えええマジすか。

VIRMは敗北を知り、叫竜から作った
フリングホルニだけを土産に
とりあえず撤退。
「だが再び我らは現れる。
 その時は我が勢力全てをもって
 この星を消滅する!!」
VIRMさん達、また来る宣言。
っていうかさ、そこまでこの星に
拘る理由はなんなんですかねw

9'αが飛び立っていくVIRMを
見送りながら「パパ・・」
呟いてたw それとイチゴ達の
生存も確認!!


Cパート・・
ヒロがゼロツーに
「やったよゼロツー」
と語りかけると、ゼロツーは
微動だにせず。
そして砕け落ちるツノ・・
ゼロツー死んでないよね!?


というわけで、VIRMとの戦いが
とりあえず一段落?
また来るーとか言ってVIRMは
去ったわけだが、前の叫竜人との
戦いの経緯を思うと、次に
VIRMが来るのはまた何千万年後
じゃないの??とか思ったり・・・
ゼロツーはどうなったのか
残されたコドモ達はこれからどうなるのか。
残り3話、人類の復興と繁栄、繁殖
ゼロツーとヒロの辿り着く先、ココロと
ミツルの記憶、ココロの出産、そして
未来の人類の姿まで描ききるのだろうか。
あと、フランクス博士が死んじゃったっぽい
ので、今後の兵器開発どうなるの?っていう・・

ナインズがブーブー言いながら
畑耕してる姿とかあったら笑えるw



ダーリン・イン・ザ・フランキス 第1話 独りとヒトリ 新作アニメ
ダーリン・イン・ザ・フランキス 第2話 繋がるということ
ダーリン・イン・ザ・フランキス 第3話 戦う人形
ダーリン・イン・ザ・フランキス 第4話 フラップ・フラップ
ダーリン・イン・ザ・フランキス 第5話 キミの棘、ボクのしるし
ダーリン・イン・ザ・フランキス 第6話 ダーリン・イン・ザ・フランクス
ダーリン・イン・ザ・フランキス 第7話 流星モラトリアム
ダーリン・イン・ザ・フランキス 第8話 男の子×女の子
ダーリン・イン・ザ・フランキス 第9話 トライアングル・ボム
ダーリン・イン・ザ・フランキス 第10話 永遠の街
ダーリン・イン・ザ・フランキス 第11話 パートナーシャッフル
ダーリン・イン・ザ・フランキス 第12話 ガーデン/始まりの庭
ダーリン・イン・ザ・フランキス 第13話 まものと王子様
ダーリン・イン・ザ・フランキス 第14話 罪と告白
ダーリン・イン・ザ・フランキス 第15話 比翼の鳥
ダーリン・イン・ザ・フランキス 第16話 ぼくたちの日々
ダーリン・イン・ザ・フランキス 第17話 楽園
ダーリン・イン・ザ・フランキス 第18話 桜の花が咲く頃に
ダーリン・イン・ザ・フランキス 第19話 人ならざるモノたち
ダーリン・イン・ザ・フランキス 第20話 新しい世界

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村




nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

nice! 7

So-netブログからトラックバック機能が消失してしまったので、いつもトラックバックでお世話になっていたサイト様を相互RSSに登録しております。

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

漫画・アニメアンテナ